Hello Rails4 beta

Pocket

こんにちは、鈴木です。

 

Rails4 のベータ版、Rails 4.0.0.beta を試してみようと思います。

同じマシンに Rails3 がインストールされていても影響が出ないように気を付けながら作業します。

 

Rails 4.0.0.beta のインストール

まずはプロジェクト用のディレクトリを作成します。

次に Gemfile を作成し、以下の内容を記述します。

bundler を用いてインストールします。

Rails 4.0.0.beta のインストールが完了したので、動作確認をしてみましょう。

「Rails 4.0.0.beta」と出力されているので、インストールは完了です。

 

bundle install 時に --binstubs を指定する場合の注意

bundle install 時に --binstubs オプションを指定する場合は、デフォルトの bin 以外のパスを指定しましょう。

例えば .bundle/binstubs を指定する場合は、以下のようにします。

Rails3 における script/rails の場所が Rails4 では bin/rails に変更されています。

--binstubs でパスを指定しない場合(デフォルトの bin の場合)は、

  • bundler がインストールする rails コマンド(rails new するときの rails コマンド)
  • プロジェクトを起動するための rails スクリプト(Rails3 での script/rails)

の保存場所が同じパスとなってしまい、「rails server」などが実行できなくなってしまいます。

※「--binstubs」をご存じない方は「めんどくさい bundle exec を省略する方法」を参照ください。

 

プロジェクトの作成

それでは Rails4 プロジェクトを作成しましょう。

hello-rails4 ディレクトリにいるものとして、以下のコマンドを実行します。

--force を指定している理由は、Rails 4.0.0.beta インストール時に作成されたファイルの上書き確認をスキップするためです(Gemfile などが上書きされます)。

プロジェクトの作成が終わったら、サーバを起動しましょう。

ブラウザで  http://localhost:3000 にアクセスしましょう。

hello-rails4-a hello-rails4-b

見慣れたいつもの画面が表示されました。

Rails 4.0.0.beta で Hello World 完了です。

 

まとめ

まだベータ版なので未確定の内容ですが、リリースノート (Ruby on Rails 4.0 Release Notes) を確認しました。

ハイライトには次のように書かれていました(括弧内は補足です)。

他にも新機能や変更点、非推奨となった機能など多数あるようです。

個別の機能については別エントリで扱いたいと思います。

 

Pocket

Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.