Chocolateyで開発環境をセットアップする

Pocket

こんにちは、河野です。

最近はVagrantとVirtualBoxで開発環境を作ることができるようになって、ずいぶんと楽になりました。でも、それ以外にTortoiseSvn、SourceTree、MinGWとか、VimやらPuttyやら、Windows環境に必要なソフトも色々とあります。

この辺、どうにかして楽できないかと考えてググっていたら、Chocolateyというツールを発見しました。

Chocolatey Gallery

Chocolatey は、Windows用のパッケージマネージャで、どうやらPuppetLabの中の人がやっているようです。

今まで知らなかったんですが、窓の杜やMoonGiftでも紹介されていたようです。あまり聞いたことないので、ユーザーは少ないのかも知れないですね…。

インストール

chocolateyのサイトに行くと、 インストール用のコマンドが書いてあるので、それをコマンドプロンプト上で、実行したらOKです。

C:\> @powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%systemdrive%\chocolatey\bin

powershellの機能を使って、インストールのスクリプトをダウンロードして実行しているようですね。
.Netのランタイムが必要になるらしく、他のソフトのインストールの際に入っていれば、短時間でインストールが終わります。Windows入れ立ての綺麗な状態だと、けっこう時間が掛かりました。

環境変数のPATHも設定してくれるようなので、インストールが終わったら、chocoコマンドが使えるようになっています。

基本的な使い方

基本的な使い方はこんな感じです。

インストール用に、省略されたコマンドがあります。

コマンド実行自体は、ちょっとモッサリしている気がします。

パッケージについて

使えるパッケージは、chocolateyのサイトで探す必要があります。

有名なツールは一通り揃っているようです。(中にはこれ大丈夫?と思うようなものもありますが…どうなんでしょうね)

注意点

chocolateyを使う上での注意点です。

インストールはソフトによってダイアログが出る

基本的にはサイレントインストール的に動くのですが、ソフトの性質上確認のダイアログが出るものもあります。なので、完全な自動化にはちょっと向いてない感じです。

アンインストールはchocolateyから行う

パッケージを管理する都合上、アンインストールはchocolateyから実行しないといけないです。Windowsのコントロールパネルの方からやってしまうと、だめなようです。
(まぁこれは当然ですよね)

注意点と言っても、そこまで慎重にならないといけないわけでもなく、特に問題なく使用できています。

簡単にchocolateyを紹介しましたが、開発環境の構築は、頻繁に行わないけども地味に面倒な作業なので、こういうツールでできるだけ楽をしたいですね。

Pocket

Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.