目次へ

2008.02.25 株式会社四次元データ 森

8. Maven2 プラグインの作成

8.1. プラグインの概要

Maven は基本的にプラガブルな構成となっています。例えばコンパイルを実行する機能も maven-compiler-plugin によって実現されています。

そのような Maven では種々のプラグインが提供されています。例えば Maven の公式配布元である apache のサイト Maven - Available Plugins や オープンソースソフトウェアコミュニティによる Maven2 のプラグインサイト Mojo - Maven 2 Plugins Project などで手に入れることができます。これらを用いることで通常のプロジェクト作業はカバーできます。

では、プロジェクト独自の作業など、プラグインとして提供されていない操作を行いたい場合にはどうすればいいでしょうか。 解決策としては ant や maven-antrun-plugin などを用いることができます。

しかしプロジェクト全体のビルドサイクルを Maven 内で完結させたい場合に、プラグインを独自に作成する方法が用いられます。この方法のメリットは以下のとおりとなります。

  • プロジェクトの情報をプラグイン側から容易に取得できる
  • これによりプロジェクトが依存しているライブラリをコピーしたり、ローカルリポジトリを操作する、などが簡単に行えるようになります。
  • コンパイルから配備までをすべて Maven 内に留めておける
  • これにより利用者の利便性の向上を図れます。
本章では、Maven プラグインの作成方法を紹介します。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading