目次へ

1. ActionServletとAction

1.1. Strutsとは

StrutsはWebアプリケーションの開発フレームワークで

  • Java Servlet, Java BeansなどJ2SE又はJ2EEで提供されている標準的なテクノロジーを採用している
  • MVCモデル2を採用している
  • ビューの部分は、JSP, Jakarta Velocity, XSLTなど様々なものの中から1つ選択できる

といった特徴を持っています。Struts自身は基本的にMVCのControlerの部分を提供するフレームワークで、プログラマは主にModelとViewの部分を開発する事になります。

開発においてはまずJakarta StrutsプロジェクトからStrutsのライブラリをダウンロードしてください。ここではバージョン1.1 Release Candidate1を基に説明していきます。またダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると「lib」ディレクトリの中に

  • struts.jar
  • commons-beanutils.jar
  • commons-collections.jar
  • commons-digester.jar
  • commons-logging.jar

がありますので、それを開発するWebアプリケーションの「WEB-INF/lib」ディレクトリにコピーしてください。最初の「struts.jar」以外はJakarta Commonsプロジェクトのライブラリなのですが、Strutsで開発したアプリケーションを実行する上で最低限必要なものです。

また他にもたくさんのjarファイルが「Struts」の「lib」ディレクトリにはありますが、それぞれ拡張機能を利用する場合に必要になってきます。必要な場合には、その都度、説明します。

 

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading