目次へ

3. Beanタグライブラリ

3.1. Beanタグライブラリとは

BeanタグライブラリはStrutsを便利にする4つのタグライブラリの内の1つです。主にJavaBeansを使いやすくするためのタグを提供しています。Beanタグライブラリを使用するためには、まずTLDファイルの取得とweb.xmlへ設定の記述が必要です。TLDファイルはStrutsの「lib」ディレクトリに「struts-bean.tld」という名前でありますので、適当なディレクトリにコピーしてください。ここでは「/WEB-INF/tld」ディレクトリにコピーしたとします。

続いてweb.xmlを編集します。

<web-app>
  ...
  <taglib>
    <taglib-uri>http://jakarta.apache.org/struts/tags-bean</taglib-uri>
    <taglib-location>/WEB-INF/tld/struts-bean.tld</taglib-location>
  </taglib>
  ...
</web-app>

最後にBeanタグライブラリを利用するJSPページの先頭に、taglibディレクティブを記述します。

<%@ page contentType="text/html; charset=EUC-JP" %>
<%@ taglib uri="http://jakarta.apache.org/struts/tags-bean" prefix="bean" %>
...

uri属性のところに直接TLDファイルの場所を指定する事により、web.xmlにおける<taglib>タグを省略することも可能です。またBeanタグライブラリは「struts.jar」に含まれていますので、他にjarファイルを取得する必要はありません。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading