目次へ

11. SimpleTagによるカスタムタグの作成

2005.10.03 株式会社四次元データ 宮澤了祐

11.1. SimpleTagとは

J2EEが1.3から1.4にバージョンアップした際に、JSPは1.2から2.0と大幅に改定され、 カスタムタグを作成する新しいインタフェースjavax.servlet.jsp.tagext.SimpleTagが追加されました。

SimpleTagインタフェースには次のメソッドがあります。

  • void doTag()
      このタグが発生した場合に、コンテナより呼ばれます。
  • JspTag getParent()
      親要素を返します。
  • void setJspBody(JspFragment jspBody)
      ボディ部が存在した場合に、コンテナより呼ばれます。
  • void setJspContext(JspContext pc)
      JSPページで使用する、様々なリソース・データ等を管理する「javax.servlet.jsp.PageContext」を設定します。
  • void setParent(JspTag parent)
      親要素を設定します。

Tagインタフェースと違いタグの開始時、終了時という分け方がありません。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ