目次へ

1. メールの送信

この章では、Java でメールアプリケーションを作成する方法について説明します。

1.1. JavaMail API

「JavaMail」は、Java でメールアプリケーションを作成するためのクラスが集められた API です。

  • SMTP プロトコルによるメールの送信
  • MIME メッセージの取扱
  • POP3 プロトコルによるメールの受信
  • IMAP4 プロトコルによるメールの受信

の機能が提供されています。この節ではメールの送信について説明します。

1.2. javax.mail.Session

JavaMail を利用するには、クラスライブラリを取得する必要があります。

http://java.sun.com/j2ee/ja/javamail/index.html

よりダウンロードしてください。また JavaMail は内部で、JavaBeans Activation Framework の機能も利用しているので、

http://java.sun.com/products/javabeans/glasgow/jaf.html

よりダウンロードしてください。それぞれ jar ファイルを含んでいますので、それらをクラスパスに含めるようにして下さい。

メールを送信するためには、まず javax.mail.Session オブジェクトを取得する必要があります。Session の getDefaultInstance メソッドを使用して取得しますが、引数に java.util.Properties を指定します。

javax.mail.Session getDefaultInstance(java.util.Properties props)

Properties にはメールサーバに接続する上で必要な情報をプロパティとして設定します。色々なプロパティがありますが、ここで必要なものは以下の1つです。

mail.smtp.host メールサーバのホスト名

この値を Properties に設定して、Session を作成します。以下はその部分だけを抜き出したものです。メールサーバとして「localhost」を指定しています。

Properties properties=new Properties();
properties.setProperty("mail.smtp.host", "localhost");
Session session=Session.getDefaultInstance(properties);
 

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ