目次へ

9. ウェルカムページとエラーページ

この章ではデフォルトで表示されるページ(ウェルカムページ)、およびHTTPエラー・例外が発生した場合に表示するエラーページの設定について説明します。

9.1. ウェルカムページ

ウェルカムページは、ApacheのDirectoryIndexと同じで、ディレクトリだけを指定してアクセスしてきた場合に表示するページの事です。J2EEではweb.xmlで設定する事ができます。<welcome-file-list>タグで指定します。

<web-app>
  ...
  </session-config>
  <welcome-file-list>
    <welcome-file>index.jsp</welcome-file>
    <welcome-file>time.jsp</welcome-file>
  </welcome-file-list>
  <taglib>
  ...
  </web-app>

<welcome-file-list>タグの子要素である<welcome-file>タグで指定します。<welcome-file>で指定できるのはファイルだけで、サーブレットが動作するURLを指定する事はできません。またリクエストパラメータを指定する事もできません。

もし複数ファイルが存在した場合には、<welcome-file-list>内で一番上に定義されているものが表示されます。

なおTomcatではデフォルトでウェルカムページがconf/web.xmlに設定されています。「index.html」「index.htm」「index.jsp」となっています。

(実習課題1)

ディレクトリの内容を表示するJSPページを作成しなさい。またそのJSPページを任意のWebアプリケーションの、ウェルカムページとして設定しなさい。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ