目次へ

10. テキスト・コンポーネント

10.1. javax.swing.JTextField

「JTextField」は1行のテキスト入力領域を提供するコンポーネントです。

「JTextField」イメージ

コンストラクタには以下の5種類あります。int型の引数はテキストフィールドの列数、String型の引数は最初に表示する文字列を表します。「Document」クラスの引数は、「JTextField」が内部に持つデータモデルを指定する際に使用します。「JList」における「ListModel」に相当するものと考えればよいでしょう。

JTextField()
JTextField(int cols)
JTextField(String text)
JTextField(String text, int cols)
JTextField(Document doc, String text, int cols)

入力された文字列の取得は「getText」メソッド、入力可不可の制御は「setEditable」メソッドで行います。いずれも「javax.swing.text.JTextComponent」クラスから継承されたメソッドで、後の節で説明する「javax.swing.JTextArea」コンポーネントと共通に持っているものです。

(実習課題1)

以下のプログラムを作成しなさい。

  • 社員名を管理するプログラムを作成する。
  • ウィンドウに含まれるコンポーネント、およびその働きは以下の通り。
    • 新たに社員名を追加するためのテキストフィールドと「追加」ボタン
    • 社員名を表示するためのリスト
    • リストで選択した社員を削除するための「削除」ボタン
  • 「追加」ボタンが押されるとテキストフィールドに入力されている内容がリストに追加される。何も入力されていない場合は追加しない。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ