目次へ

13. ツリー

13.1. javax.swing.JTree

「JTree」は階層状のデータを表示するツリーコンポーネントです。作成には、「TreeNode」インタフェースを実装したクラス「javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode」を利用します。

DefaultMutableTreeNode root=new DefaultMutableTreeNode("Baseball");
DefaultMutableTreeNode parent=new DefaultMutableTreeNode("central");
parent.add(new DefaultMutableTreeNode("giants"));
parent.add(new DefaultMutableTreeNode("dragons"));

...
root.add(parent);
parent=new DefaultMutableTreeNode("pacific");
....
JTree tree=new JTree(root);

最初にツリーのルートに相当するオブジェクトを「DefaultMutableTreeNode」を使用して作成します。そして「add」メソッドを使用し、子となるオブジェクトを次々に追加していきます。子オブジェクトは「MutableTreeNode」インタフェースを実装したクラスでなければならないのですが、通常は「DefaultMutableTreeNode」クラスを使用します。「MutableTreeNode」は「TreeNode」を拡張したインタフェースです。

最後にルートオブジェクトを「JTree」クラスのコンストラクタに引き渡して終了です。以下のようなウィンドウが作成できます。子供を持たないノードが自動的にリーフとなります。

「JTree」イメージ

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ