目次へ

5. レイアウト・マネージャー2

4章では「java.awt.BorderLayout」「java.awt.FlowLayout」「java.awt.CardLayout」について説明しました。この章では「java.awt.GridLayout」「java.awt.GridBagLayout」「javax.swing.BoxLayout」「javax.swing.OverlayLayout」について説明します。

5.1. java.awt.GridLayout

「GridLayout」はコンポーネントを格子状に配置するレイアウト・マネージャーです。各格子のサイズは同じになるように調節されます。下図は「2×2」のGridLayoutを使用したウィンドウサンプルです。

サンプルプログラム実行の図1-レイアウトマネージャ2-

レイアウト・マネージャーのセット、およびコンポーネントの追加は以下のようにします。

getContentPane().setLayout(new GridLayout(2,2));
getContentPane().add(button);

コンポーネントを追加していくと、左上の格子からまず右へ。そして次の行へ順に配置されていきます。

(実習課題1)

上記のウィンドウサンプルを表示するプログラムを作成しなさい。

  • ウィンドウ内のコンポーネントはボタン(JButton)のみ。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ