目次へ

3. 更新メソッドのテスト

 この章では、データベースのテーブルのデータを更新するメソッドの単体テストを作成する方法を説明します。

3.1 更新メソッドのテスト

「更新メソッド」とは、データベースでinsert、delete、update文を実行し、テーブルデータの更新処理を行うメソッドです。

ここでは、AcceptOrderBeanクラスのstore メソッドを例に挙げます。storeインスタンスメソッドは、Accept_orderテーブルにデータを挿入するメソッドです。インスタンスフィールドに設定されている値と、同じ名前のカラムに設定されるデータの値が同じになるよう、データを更新します。

例えば、以下のようなフィールドを持つAcceptOrderBeanインスタンスがあったとします。

o_num c_num p_num dc_rate option_price employee accept_date
5004 1004 501 20 400 101 2004-01-03

このAcceptOrderBeanのstore()メソッドを実行すると、accept_orderテーブルに上のようなデータが1行追加されます。

更新メソッドでは、メソッド実行後にデータが正しくテーブルに更新されているか、確認します。更新メソッドの単体テスト作成の流れは、以下のようになります。

  1. テストデータを作成する
  2. 単体テストクラスを実装する
  3. 単体テストを実行する。

それでは、storeメソッドのテストを例に各手順について詳しく見ていきましょう。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading