目次へ

2005.09.13 株式会社四次元データ 瀧下 浩

3.5 基本動作のまとめ

ここまでの基本動作をまとめておきます。

Hibernate の動作

マッピングファイル(Book.hbm.xml)で、POJO と データベース上のテーブルの関係 を記述しています。Hibernate は、このマッピングファイルを元に、オブジェクトと リレーショナルデータベースの関連付け(マッピング)を行います。 この結果、アプリケーションと Hibernate のやり取りが、オブジェクトベースで行えるようになります。 オブジェクトをテーブルに格納する際に必要な手順は、Hibernate がマッピングファイルを見ながら考えて実行してくれるのです。
必要とする POJO クラスを指定するだけで、データベースへのアクセスや、ResultSet からの オブジェクトの構築などの作業が不要になっているのがお分かりいただけたと思います。
この章で利用したファイルを以下にまとめておきます。

ファイル位置備考
hibernate.cfg.xmlroad_to_hbm_master/src/ 変更なし。
Book.hbm.xmlroad_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate 変更なし。
Book.java road_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate 変更なし。
BookDao.java road_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate
  • load(Book book)
  • update(Book book)
  • searchAll()
  • delete(Book book)
メソッドの実装
BookLoaderSample.java road_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate ロードを実行するクラスの追加。
BookUpdaterSample.java road_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate 更新を実行するクラスの追加。
BookSearchAllSample.java road_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate 検索を実行するクラスの追加。
BookDeleteSample.java road_to_hbm_master/src/com/techscore/hibernate 削除を実行するクラスの追加。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading