目次へ

5.2. JdbcTemplate#execute()

JdbcTemplate には数多くの public メソッドが用意されています。execute() メソッドだけでも 7つあります。ここではそのうちの 1つを説明します。以下のシグニチャのメソッドです。

void execute(String sql)

execute() メソッドは DDL (Data Definition Language) 等返り値が必要のないステートメントを発行する際に使用します。最低限必要となるものは DataSource と JdbcTemplate で以下のような簡単なコードでステートメントを発行することができます。

package com.techscore.spring.jdbc;

import javax.sql.DataSource;

import org.springframework.jdbc.core.JdbcTemplate;

public class PersonQuery {
    private DataSource dataSource = null;

    public void createTable() {
        final String sql = "create table person(id serial primary key, "
                + "first_name varchar(20), family_name varchar(20))";
        JdbcTemplate jt = new JdbcTemplate(this.dataSource);
        jt.execute(sql);
    }

    public void setDataSource(DataSource dataSource) {
        this.dataSource = dataSource;
    }
}

コンストラクタの引数に DataSource を渡し JdbcTemplate をインスタンス化し、execute() メソッドの引数に発行するステートメントを渡すだけです。この章では以降ここで作成した person テーブルに対し操作を行います。なお、RDBMS は PostgreSQL を使用しています。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ