目次へ

4. 条件分岐

2012/11/14 シナジーマーケティング(株) 河野 健太朗

4.1 演算子

条件比較に使用できる比較演算子、論理演算子は以下になります。

< > <= >=
== &&,and ||,or !,not

論理積

条件1 && 条件2 (もしくは「条件1 and 条件2」)

左辺の条件1と右辺の条件2の両方が「真」の時だけ、全体が「真」となります。

論理和

条件1 || 条件2(もしくは 「条件1 or 条件2」)

左辺の条件1と右辺の条件2のどちらかが「真」であれば、全体が「真」となります。

否定

! 条件(もしくは「not 条件」)

条件の真偽を逆にします。

なお、論理積・論理和の演算の優先順位には注意が必要です。
優先される順に、

  • &&
  • ||
  • and or

になります。

4.2 真偽値

真偽値とは、ある条件の内容が「真(正しい)」か「偽(正しくない)」かを表す値のことです。

Rubyでは、

  • nil
  • false
    のみが「偽」となります。
    それ以外の値は全て「真」となります。
  • 0
  • "" (空文字)
    も「真」となるので注意が必要です。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading