目次へ

1.3 UMLの特長

UMLには大きく3つの特長があります。

  • 標準化されている
  • 理解しやすい
  • 表現力が高い

UMLでは、さまざまな図が用意されています。この図を「ダイアグラム」と呼びます。どのダイアグラムで表現するかは、モデリングの目的によって異なります。以下は、主なダイアグラムです。どのような場合に、そのダイアグラムを使用するかも、あわせて説明しています。

ダイアグラム
目的
ユースケース図
ユーザがシステムに要求する機能や振る舞いを表現する
クラス図
クラス間の静的なつながりを表現する
オブジェクト図
オブジェクト間の静的なつながりを表現する
シーケンス図(相互作用図)
オブジェクト間の協調動作を時系列で表現する
コラボレーション図(相互作用図)
オブジェクト間の協調動作を平面的に表現する
ステートチャート図
特定のオブジェクトの状態の変化を表現する
アクティビティ図
ひとまとまりの手順の流れを表現する
コンポーネント図
プログラム間の依存関係を表現する

UMLは複数のダイアグラムを用意しているため、ソフトウェア開発のさまざまな局面で使用することができます。次章以降、各ダイアグラムについて詳しく説明していきます。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading