目次へ

4.要素型宣言

前章では、XMLのスキーマ言語、DTDについて、説明しました。本章では、XMLの最も基本的な情報単位である、要素を定義する方法について説明します。

4.1 要素型宣言

要素型宣言では、要素の名前や階層構造を規定します。要素型宣言の構文は以下の通りです。

<!ELEMENT 要素名 内容モデル>

要素名には、ほとんどの文字が使用できます(詳細は、2章「要素と属性に使用できる文字 」を参照ください)。内容モデルでは、要素が含む内容の構造を定義します。内容モデルには以下のタイプがあります。

要素内容 

子供となる内容が要素のみで成り立っている。テキストは直接の子供としては出てこない。

混在内容

子供となる内容にテキストが存在し、そのテキストに混在してこの要素が書かれることもある。

空要素

子供となる内容はない。この要素は空要素を表すタグで表現できる。

任意要素

DTDで宣言される要素であれば直下の子供要素として、それをどんな順序で書いてもよい。

以下に要素型宣言の例を示します。

  <!ELEMENT ANIMAL ANY>
  <!ELEMENT elephant (african_elephant  asian_elephant)*>
  <!ELEMENT p (#PCDATA|emph)* >
  <!ELEMENT br EMPTY >

当然ですが、DTDの中で、同じ名前の要素を複数宣言することはできません。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ