目次へ

4. 様々な条件処理

この章においては、以下の XML 文書を用いて様々な条件処理についてみていきたいと思います。

people.xml
<?xml version="1.0"?>
<people>
  <person>
    <name>Kevin Shields</name>
    <work year="1988">isn't anything</work>
    <work year="1991">loveless</work>
  </person>
  <person>
    <name>Trent Reznor</name>
    <work year="1989">pretty hate machine</work>
    <work year="1992">broken</work>
    <work year="1994">the downward spiral</work>
    <work year="1999">the fragile</work>
    <work year="2002">and all that could have been</work>
  </person>
</people>

4.1 繰り返し

<xsl:for-each
  select = node-set-expression>
  <!-- Content: (xsl:sort*, template) -->
</xsl:for-each>

結果が規則性のある構造を持つことが分かっている場合には、選択したノードに直接テンプレートを指定できると便利です。xsl:for-each 要素は、必須である select 属性によって指定されたノードに対して繰り返しテンプレートを適用します。

select 属性には、繰り返し処理を行うノードを特定する XPath 式でノード集合を指定します。

<xsl:template match="people/person">
  *** <xsl:value-of select="name"/> ***
  <xsl:for-each select="work">
    <xsl:value-of select="."/>,
  </xsl:for-each>
</xsl:template>

上記のテンプレートを people.xml に適用すると以下の出力を得られます。

    *** Kevin Shields ***
    isn't anything,
    loveless,
    
  
    *** Trent Reznor ***
    pretty hate machine,
    broken,
    the downward spiral,
    the fragile,
    and all that could have been,

4.2 xsl:if を用いた条件付き処理

<xsl:if
  test = boolean-expression>
  <!-- Content: template -->
</xsl:if>

xsl:if 要素は、単純な if-then (〜なら〜を実行する) 型の条件処理を行います。test 属性は必須で、属性値として XPath の式を指定します。式を評価した結果が true の場合はテンプレートを適用し、それ以外の場合は何も生成しません。

<xsl:template match="people/person">
  *** <xsl:value-of select="name"/> ***
  <xsl:for-each select="work">
    <xsl:if test="position()=last()">
      <xsl:value-of select="."/>
    </xsl:if>
  </xsl:for-each>
</xsl:template>

上記のテンプレートを people.xml に適用すると以下の出力を得られます。

    *** Kevin Shields ***
    loveless
  
    *** Trent Reznor ***
    and all that could have been

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ