目次へ

1.4. 代表的なデータモデル

データベースの構築、管理には、処理方式や共有するデータ間の関係に注目して構造を持たせますが、この構造、管理の観点から分類すると、代表的なデータモデルとして次のようなものがあります。

  1. 構造型データベース
    ・階層型データベース
    ・ネットワーク型データベース
  2. 非構造型データベース
    ・リレーショナル型(関係)データベース
階層型データベース
ネットワーク型データベース

1.5. リレーショナル型データベース

リレーショナル型データベースの概念は、1970年、E.F.Codd 氏によって提唱され、それ以来、多くの研究者やベンダなどによって研究が進められて来ました。現在では多くの商用データベースシステムが、このリレーショナル型を採用しています。

リレーショナル型データベースには次のような特徴があります。

  • 各データは 2次元の表(テーブル)によって表現
  • 複数の表のデータを関連付けることで、すべてのデータをひとつの巨大なデータベースとして活用
  • 現在、PC で動作するデータベースの大部分はリレーショナル型
  • リレーショナル型データベースに対応するデータベース言語として SQL が ISO と JIS を取得
リレーションの概念

1.6. まとめ

  • データベースとは、様々な利用目的を考慮して、整理整頓されたデータの集まりのこと
  • データベースの機能を実現するためには、データベース管理システム (DBMS) が必要
  • リレーショナル型データベースは、最も普及しているデータベースで、データベース言語として SQL を使用

(実習課題3)

データモデルにはどのようなものがあるか? またそれぞれの特徴はどのようなものか? 長所と短所を挙げて説明せよ。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading