目次へ

2.4. SQL の利用方法

SQL を用いて RDBMS を操作する方法は幾つか存在します。

モジュール呼び出し
C 言語などの言語から SQL 文によって作成されたモジュールを呼び出すことでデータベース操作を実現します。モジュール呼び出しは、通常 CALL 命令によって親言語から呼び出すことが可能であるため、それぞれのモジュールを独立した形で作成することが可能です。
静的 SQL
親言語側のソースプログラムに直接 SQL を記述する方法で、埋め込み SQL の一種です。親言語プログラム側の SQL 構文を用いることで実現します。この方式は現在では多くの RDBMS で実現可能ですが、一度親バイナリへ埋め込んでしまえば、その SQL には変化がないことから静的 SQL と呼ばれています。
動的 SQL
上の静的 SQL に対して動的 SQL は、親言語の実行時に SQL を生成する方法で、用途に応じた SQL をその都度生成できることから、静的 SQL に比べると汎用性があります。
直接呼び出し
直接ユーザが命令として発行することで RDBMS の操作を行なう方法です。
親言語とSQL

実際に直接 SQL を RDBMS に発行するには、RDBMS に付属するコマンドラインツールなどのソフトを使用します。コマンドラインツールは、一般にはテキストエディタに似たウィンドウが開き、このウィンドウ内に SQL を入力します。

コマンドラインツールはこれを解析し、翻訳するとともに、この情報を RDBMS へと引き渡します。一方、RDBMS 側では指示された命令に応じたデータベース操作を行ない、その結果を通知します。コマンドラインツールでは、これらを同画面上に表示することで対話的操作を実現しています。

(実習課題1)

SQL の利用方法にはどのようなものがあるか? それぞれについて説明せよ。

解答例はこちら

関連記事

  • [SQL] 2. SQL 1 : データベースを操作するSQLの歴史について説明します
  • [SQL] 2. SQL 2 : SQLの種類について説明します
  • [SQL] 2. SQL 4 : SQLにおけるデータ型について説明します

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading