目次へ

解答例 - 実習課題3 - 1. データベースの概要

(実習課題3)

データモデルにはどのようなものがあるか? またそれぞれの特徴はどのようなものか? 長所と短所を挙げて説明せよ。

解答例

データモデルには、「構造型データベース」である「階層型データベース」と「ネットワーク型データベース」、非構造型である「リレーショナル型データベース」と「オブジェクト型データベース」がある。

「構造型データベース」
データの各属性をひとつのノードとし、それらを互いに親子関係で結び付けることにより、データを表現するモデルである。このモデルには次の二つのタイプがある。

「階層型データベース」
各ノードがただひとつの親レコードしか持たないタイプ。
全体として木構造をなす。このため、重複するノードを持つという欠点がある。

「ネットワーク型データベース」
各ノードが複数の親レコードを持つことができるタイプ。
全体として網目構造をなす。ノードの重複は無いが、親子関係が複雑に入り組んだ構造になりがちである。

「リレーショナル型データベース」
各データを 2 次元の表として表現し、複数の表のデータを関連付けることによって、すべてのデータをひとつの巨大なデータベースとして表現するモデ
ル。 構造型と比較して、容易に巨大なデータベースを構築することができる。
現在利用されているデータベースのほとんどがこのモデルである。

「オブジェクト型データベース」
オブジェクト指向設計をデータベース設計に適用したモデルで、複雑なデータ構造に適している。
パフォーマンスの低さとスケーラビリティ不足のため、ほとんど普及していない。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading