目次へ

4. データベースの初期化

2006.05.24 株式会社四次元データ 内田康介

4.1. データベースの初期化

ベンチマークに使用するデータベースを作成し、ベンチマークテストを行なうために初期化します。 この作業はベンチマークテストを行なうには必ず必要となります。

実行例

$ createdb test
$ pgbench -i test

成功した場合は、以下のように表示されます。

creating tables...
10000 tuples done.
20000 tuples done.
30000 tuples done.
40000 tuples done.
50000 tuples done.
60000 tuples done.
70000 tuples done.
80000 tuples done.
90000 tuples done.
100000 tuples done.
set primary key...
NOTICE: ALTER TABLE /
ADD PRIMARY KEY will create implicit index "branches_pkey" for table "branches"
NOTICE: ALTER TABLE / ADD PRIMARY KEY will create implicit index "branches_pkey" 
for table "branches"
NOTICE: ALTER TABLE / ADD PRIMARY KEY will create implicit index "tellers_pkey" 
for table "tellers"
NOTICE: ALTER TABLE / ADD PRIMARY KEY will create implicit index "tellers_pkey" 
for table "tellers"
NOTICE: ALTER TABLE / ADD PRIMARY KEY will create implicit index "accounts_pkey" 
for table "accounts"
NOTICE: ALTER TABLE / ADD PRIMARY KEY will create implicit index "accounts_pkey" 
for table "accounts"
vacuum...done.

4.2. スケーリングファクターの設定

この部分でスケーリングファクターの設定を行うことができます。 スケーリングファクターを10と設定した場合の実行例は下記のようになります。(-sで指定します)

$ createdb test
$ pgbench -i -s 10 test

スケーリングファクター*10万件のデータが作成されるため、上記の実行例では100万件のデータが作成されます。 10万件につき約15MBディスク容量が必要となるため、ディスクの空き容量を確認のうえ設定を行なう必要があります。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ