目次へ

7. サーバーAの結果

2006.06.16 株式会社四次元データ 内田康介

7.1. サーバー情報

今回のベンチマークテストで使用したサーバのスペックを以下に示します。

CPU Pentium III 500MHz
メモリ 384MB
OS RedHat Linux 3.2

7.2. クライアント数によるtpsの変化

1クライアントあたりのトランザクション数を10で固定し、クライアント数のみ増加させてテストを行いました。

clientA

クライアント数が増加するにつれ、8.0に比べ8.1のほうがtpsが高くなっています。

7.3. 1クライアントあたりのトランザクション数によるtpsの変化

クライアント数を1で固定し、1クライアントあたりのトランザクション数を増加させてテストを行いました。

transactionA

8.0がトランザクション数100までの間に、急激にtpsを落としてしまっているのに対して、 8.1では緩やか下落にとどまっています。

7.4. クライアント数・トランザクション数によるtpsの変化

クライアント数・1クライアントあたりのトランザクション数の双方を増加させてテストを行いました。

client_transactionA

8.1は8.0に比べ、ほぼ全ての条件で1-5%のtps下落が見られます。

7.5. 検索処理のみ実行した場合のクライアント数・トランザクション数によるtpsの変化

クライアント数・1クライアントあたりのトランザクション数は7.4と同様にし、検索処理のみを実行してテストを行いました。

selectA

8.1は8.0に比べ、5-12%のtps上昇が見られます。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ