目次へ
2.5.3. データの取り出し

登録されたデータを参照したい場合は、SELECT 文によって行います。通常、表を取り出して参照する場合には、SELECT に続けて参照したい列名、さらにそれに続けて FROM と参照すべき列の存在する表名を記述します。

  /* 商品表の前列を参照する。*/
  SELECT * FROM 商品表;

  /*登録されている全行が全列表示された。*/
  商品  商品名    単価
  ──── ───────   ─────
  1001 田舎御膳    1000
  1002 山の幸御膳  1200
  1003 海の幸御膳  1400
  1004 松竹梅御膳  1800
  1005 鶴亀御膳    2000
  1006 七福神御膳  3000

上記のように、SELECT 文を使用することで表中のデータを参照することが出来ます。ただし、これだけでは帳簿を眺めるだけのことと同じで、他の表との関係については全く分からず、リレーショナル型データベースの利点を生かしていると言えません。

他の表との関係や、必要なデータだけ取り出したり、ソートして表示することも、条件を付け加えることで SELECT 文から行なえます。詳細については後述します。

関連記事

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ