目次へ

解答例 - 実習課題2 - 3.テーブルの操作

(実習課題2)

テーブル制約を用いて複数の列を参照しなければならない場合とは、どのような場合か? 例をあげて説明しなさい。

解答例

とある製造メーカが次に示す「工場製造部品表」と「発注表」を用いて工場への部品の
発注を管理しているとする。


  工場製造部品表
  +----------+----------+
  |   工場   |   部品   |
  +----------+----------+
  |    X     |    A     |
  +----------+----------+
  |    X     |    B     |
  +----------+----------+
  |    Y     |    A     |
  +----------+----------+
  |    Z     |    B     |
  +----------+----------+


  発注表
  +----------+----------+----------+----------+
  |   日付   |   工場   |   部品   |   数量   |
  +----------+----------+----------+----------+
  | 2004/8/1 |    Z     |    B     |   20000  |
  +----------+----------+----------+----------+
  | 2004/8/8 |    X     |    A     |   50000  |
  +----------+----------+----------+----------+
  | 2004/8/8 |    X     |    B     |   30000  |
  +----------+----------+----------+----------+


このとき、「発注表」の「部品」と「製造工場」は「部品表」に存在する
正しい組み合わせである必要があるため、
テーブル制約を用いてこれらの列を外部参照しなければならない。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ