目次へ

4. ApplicationContext

4.1. ApplicationContext

Spring には BeanFactory を拡張し、多機能化した ApplicationContext が用意されています。ApplicationContext は BeanFactory の有する機能以外に以下の機能を有します。メモリの使用量に厳しい制限がある場合を除き BeanFactory よりも ApplicationContext を使用することが推奨されています。

  • i18n を考慮したメッセージへのアクセス
  • URL やファイルのようなリソースへのアクセス
  • ApplicationListener インタフェースを実装したビーンへのイベントの伝播
  • 複数のコンテキストをロード可能

ApplicationContext の生成は BeanFactory の生成とほとんど変わりません。以下のようにします。

ApplicationContext appContext = new FileSystemXmlApplicationContext("beans.xml");

BeanFactory の場合と同様クラスパスから Bean 定義ファイルを取得することもできます。

ApplicationContext appContext = new ClassPathXmlApplicationContext("beans.xml");

また BeanFactory とは異なり ApplicationContext では Bean 設定ファイルを複数読み込むことができます。

String[] configs = {"beans-common.xml", "beans-user.xml"};
ApplicationContext context = new ClassPathXmlApplicationContext(configs);

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading