目次へ

5. JDBC によるデータアクセス

5.1. JdbcTemplate

1章の冒頭で紹介したように Spring にはデータベースへのアクセスを簡単にするために JDBC 抽象化レイヤを提供するモジュールが含まれています。このモジュールを使用することによりプログラマは Connection 等のリソースの取得・破棄といった実際のロジックとは関係のない処理を行う必要がなくなります。つまり以下のような try, catch, finally は書かなくて良いということです。

Connection conn = null;
try {
    conn = DriverManager.getConnection(url, userName, password);
    ...
} catch (SQLException e) {
    e.printStackTrace();
} finally {
    if (conn != null) {
        try {
            conn.close();
        } catch (SQLException ignore) {}
    }
}

このほかにも Spring の DAO モジュールには DataSource へのアクセスを簡単にする機能や、ストアドプロシジャや各種クエリを実行する機能、RDBMS 固有のエラーコードを翻訳する機能等が含まれます。ここではこのモジュールの中でももっとも重要なクラスである org.springframework.jdbc.core.JdbcTemplate を使用してデータベースにアクセスする方法を見ていきます。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading