目次へ

7.4. org.apache.log4j.TTCCLayout クラス

TTCCレイアウトは、時間、スレッド、カテゴリ、ネスト化診断コンテキスト情報、名前から成り立っています。このクラスのオブジェクトを生成するには、次のコンストラクタを使用します。

 1: TTCCLayout()
 2: TTCCLayout(String dateFormatType)

一つ目のコンストラクタは、PatternLayout でクラス変数 TTCC_CONVERSION__PATTERN を使用した場合と同じ働きをします。また、これは二つ目のコンストラクタの引き数に、 org.apache.log4j.helpers.DateLayout.RELATIVE_TIME_DATE_FORMAT を使用した場合と同じ動きをします。二つ目のコンストラクタでは、出力する時間をどのように出力するのかを指定するもので、他に org.apache.log4j.helpers.DateLayout.NULL_DATE_FORMAT を指定する事が出来ます。こちらを設定した場合は、単純に時間を出力しなくなるだけです。

オブジェクトを Appender に追加するには、setLayout( Layout layout ) メソッドを使用します。

7.5. org.apache.log4j.HTMLLayout クラス

このクラスはその名の通り、ログを HTML を使用して出力します。このクラスを使用すると、HTML のテーブル形式でログが出力されます。このクラスのオブジェクトを生成するには次のコンストラクタを使用します。

 1: HTMLLayout()

setTitle( String title ) メソッドを使用することで、<title>タグの値を設定することが出来ます。

次の図は、このクラスを用いて出力したものを InternetExplorer で表示したものです。

InternetExplorer で表示したもの

オブジェクトを Appender に追加するには、setLayout( Layout layout ) メソッドを使用します。

(実習課題2)

全てのレベルのログイベントを故意に発生させ、WARN 以上ログイベントが発生した場合のみ、ログとして出力されるプログラムを作成しなさい。

  • HTMLLayout を使用すること。
  • どの Appender を使用しても良い。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ