目次へ

14.3. デフォルトのエラーメッセージ

Strutsで標準に提供されている検証ルールにはデフォルトのエラーメッセージが提供されています。検証の設定の際、エラーメッセージの設定(<msg>要素)を省略するとデフォルトのメッセージ検索キー/エラーメッセージが使用されます。以下は検証ルールとデフォルトのメッセージ検索キー、およびそれに対するデフォルトのエラーメッセージの一覧です。

検証ルール メッセージ検索キー名 エラーメッセージ
required, requiredif errors.required {0} is required.
minlength errors.minlength {0} can not be less than {1} characters.
maxlength errors.maxlength {0} can not be greater than {1} characters.
mask errors.invalid {0} is invalid.
byte errors.byte {0} must be a byte.
short errors.short {0} must be a short.
integer errors.integer {0} must be an integer.
long errors.long {0} must be a long.
float errors.float {0} must be a float.
double errors.double {0} must be a double.
date errors.date {0} is not a date.
intRange, floatRange errors.range {0} is not in the range {1} through {2}.
creditCard errors.creditcard {0} is an invalid credit card number.
email errors.email {0} is an invalid e-mail address.

{0}{1}{2}は前節で説明したパラメータが設定される箇所です。検証の設定の際、<msg>要素を省略し上記をそのまま用いることも可能です。プロパティファイルでエラーメッセージだけを上書きすることも可能です。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ