目次へ

23.2. putList タグ / add タグ

putList タグ・add タグは Tiles 設定ファイルの putList 要素・add 要素に相当するタグです。putList タグはリストを生成し、add タグはリストに要素を追加します。Tiles 設定ファイルの場合とは異なり、リストに要素を追加する際に使用できるのは add タグのみで、item 要素に相当する item タグ等はありません。putList タグは insert タグか definition タグ内で、add タグは putList タグ内でしか使用することができません。

putList タグに定義されている属性を以下に示します。

属性名 必須 スクリプト
可能
説明
name   リストの名前を指定します。

add タグに定義されている属性を以下に示します。value 属性か beanName 属性のいずれか 1つを必ず指定する必要があります。

属性名 必須 スクリプト
可能
説明
beanName
挿入対象となるコンポーネントの名前を指定するのに使用される JavaBean の名前を指定します。
beanProperty   beanName 属性で指定した JavaBean のプロパティを指定します。
beanScope     JavaBean をサーチするスコープを指定します。スコープは、任意の JSP スコープ、component、template を指定することができ、デフォルトは page スコープです。
role   このタグを実行するのに必要な role があれば指定します。
type     コンテンツの型を指定します。string, page, template, definition のうちいずれかを指定します。
string : 値は文字列として使用されます。
page | template : 値は挿入するページの URL として使用されます。
definition : 値は挿入する定義名として使用されます。
value   リスト要素の値を指定します。

20章3節で説明した Tiles 設定ファイルは Tiles タグライブラリを使用すると以下のようになります。

<tiles:definition ...>
  <tiles:putList name="pageList">
    <tiles:add value="/WEB-INF/jsp/header.html" type="page" />
    <tiles:add value="/WEB-INF/jsp/menu.jsp" type="page" />
    <tiles:add value="/WEB-INF/jsp/footer.html" type="page" />
  </tiles:putList>
  <tiles:putList name="definitionList">
    <tiles:add value="textList" type="definition" />
    <tiles:add value="calendar" type="definition" />
  </tiles:putList>
</tiles:definition>

(実習課題3)

20章の実習課題1の Web アプリケーションを改良しなさい。

  • Tiles 設定ファイルを使用しないこと。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ