目次へ

5.3. HTMLタグライブラリ

入力値の検証でエラーが確認された場合、Struts設定ファイルで指定した入力ページに遷移しますが、入力したデータはフォームに表示されません。ActionForm Beanはscope属性で指定したスコープ(requestかsession)に登録されるので、JSPを使用して表示させる事も可能ですが、Strutsはそれを楽にする機能も提供しています。度々、登場しているHTMLタグライブラリを利用します。

HTMLタグライブラリは、通常のHTMLのタグに置き換えて使用します。HTMLタグライブラリを使用するだけで、入力データの表示は実現されます。以下に対応を示します。

HTMLにおけるタグ名 HTMLタグライブラリにおけるタグ名
<form> <html:form>
<input type="text"> <html:text>
<input type="password"> <html:password>
<input type="textarea"> <html:textarea>
<input type="radio"> <html:radio>
<input type="checkbox"> <html:checkbox><html:multibox>
<select> <html:select>
<option> <html:option><html:options><html:optionsCollection>
<input type="hidden"> <html:hidden>
<input type="image"> <html:image>
<input type="submit"> <html:submit><html:cancel>
<input type="reset"> <html:reset>
<html> <html:html>
<a> <html:link>
<img> <html:img>
<frame> <html:frame>

以下は2章のHTML FormをHTMLタグライブラリを使用するように変更した例です。以降、HTMLタグについて説明します。

...
  <html:form action="/sample/productInput.do" method="post">
  <table>
    <tr><td>商品名</td><td><html:text property="name" /></td></tr>
    <tr><td>メーカ名</td><td><html:text property="maker" /></td></tr>
  </table>
  <html:submit value="登録" />
  </html:form>
...

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ