目次へ

7.2. htmlタグ

htmlタグはHTMLの<html>タグの変わりに使用するものです。主要な属性は以下の2つです。

属性名 必須 スクリプト
可能
説明

locale

 

値としてtrueを設定すると、HTTPヘッダーからAccept-Languageの値を読み取り、SessionにLocaleとして設定する。

xhtml

  値としてtrueを設定すると、XHTML用の出力を行います。

以下はhtmlタグを利用した例です。以下の形式で始めるのが一般的でしょう。

<%@ taglib uri="http://jakarta.apache.org/struts/tags-html-1.0" prefix="html" %>
<html:html locale="true">
...
</html:html>

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ