目次へ

5.4. ResultSetを用いたdelete

最後にdeleteについて説明します。

 ResultSet result=statement.executeQuery();
 while(result.next()){
   if(result.getInt(4)<100){
     result.deleteRow();
   }
 }
conn.commit();

deleteは削除したい行にあるときに、「deleteRow」メソッドを呼び出すだけです(7行目)。実際にデータベースに反映されるのは、commitを行った段階です。

(実習課題3)

以下のコンソールアプリケーションを作成しなさい。

  • まず「product」テーブルの値を表示する。
  • 表示後、削除したい行の「p_num」をコンソールから入力し、その行をResultSetを用いて削除する事。
  • プログラム実行後、入力したデータがテーブルから削除されている事を確認する事。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ