目次へ

10.2. <security-role>

<security-role>タグはロールを定義します。以下はその例です。

<security-role>
  <role-name>admin</role-name>
</security-role>
<security-role>
  <role-name>support</role-name>
</security-role>

<role-name>でロールの名前を定義します。<security-role>の中に設定できる<role-name>は1つだけで、複数ロールを定義する場合には、その数だけ<security-role>を続けてください。

なおユーザがどのロールに属しているかの設定は、J2EEサーバによって異なります。Tomcatにおける設定方法は後で説明します。

(実習課題1)

Webアプリケーションに以下のロールを定義しなさい。

  • admin
  • user

またWebアプリケーションは、少なくとも以下のWebリソースを持つこと。

  • 現在時刻を表示するJSPページ。
  • そのJSPページへforwardを行うだけのサーブレット(StrutsのActionでも可)。
  • サーブレットは「/admin/」ではじまるURLと、「/admin/」ではじまらないURLとにマッピングされていること。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ