目次へ

2.6. TCPクライアントプログラム

次にクライアントアプリケーションを示します。キーボードからの入力をサーバプログラムに送信し、送り返されてきた文字列をコンソールに出力するプログラムです。空行の入力があった時、接続を切断して終了するようにします。

リスト EchoClient.java
  import java.net.Socket;
  import java.net.ServerSocket;
  import java.io.BufferedReader;
  import java.io.InputStreamReader;
  import java.io.PrintWriter;
  import java.io.IOException;
  
  public class EchoClient {
  
   public static final int ECHO_PORT = 10007;
 
   public static void main(String args[]) {
     Socket socket = null;
     try {
       socket = new Socket(args[0], ECHO_PORT);
       System.out.println("接続しました"
                          + socket.getRemoteSocketAddress());
       BufferedReader in = new BufferedReader(new InputStreamReader(socket.getInputStream()));
       PrintWriter out = new PrintWriter(socket.getOutputStream(), true);
       BufferedReader keyIn = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
       String input;
       while ( (input = keyIn.readLine()).length() > 0 ) {
         out.println(input);
         String line = in.readLine();
         if (line != null) {
           System.out.println(line);
         } else {
           break;
         }
       }
     } catch (IOException e) {
       e.printStackTrace();
     } finally {
       try {
         if (socket != null) {
           socket.close();
         }
       } catch (IOException e) {}
       System.out.println("切断されました "
                          + socket.getRemoteSocketAddress());
     }
   }
 
 }

15行目で新しいソケットを作成しています。ここではString型のホスト名を指定するコンストラクタを利用しています。接続先ホスト名はコマンドライン引数で指定したものとし、ポート番号は10007としています。

       socket = new Socket(args[0], ECHO_PORT);

16〜17行目では、接続されたソケットの接続先情報を表示しています。getRemoteSocketAddressメソッドは接続先のSocketAddressを返すメソッドです。

       System.out.println("接続しました"
                          + socket.getRemoteSocketAddress());

18〜20行目では、ソケットに対して入出力を行うためのReader/Writerおよび、キーボードからの入力を受け取るためのReaderを作成しています。

       BufferedReader in = new BufferedReader(new InputStreamReader(socket.getInputStream()));
       PrintWriter out = new PrintWriter(socket.getOutputStream(), true);
       BufferedReader keyIn = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

21〜30行目で、サーバーとの通信処理を行っています。キーボードから入力された文字列をサーバに対して送信し、送り返されてきた文字列を表示します。ループによって空行が入力されるまで処理を繰り返しています。

       String input;
       while ( (input = keyIn.readLine()).length() > 0 ) {
         out.println(input);
         String line = in.readLine();
         if (line != null) {
           System.out.println(line);
         } else {
           break;
         }
       }

サーバの終了によってソケットの接続が切れた場合など、readLineメソッドの戻り値がnullとなることがあるので、そのときもループから抜けるようにしています。ソケット切断時は例外が発生する場合もあるので、例外処理も正しく記述しなければいけません。(ソケット切断時の動作はOSによって異なります。プロセスを強制終了した時、SolarisやLinuxではTCPコネクションの終了処理を正しく行うのに対し、WindowsではTCPコネクションの終了処理を行わないためです。)

33〜41行目のfinally節では、確実にソケットを切断するための処理を記述しています。ソケットは明示的に閉じる習慣をつけておきましょう。

     } finally {
       try {
         if (socket != null) {
           socket.close();
         }
       } catch (IOException e) {}
       System.out.println("切断されました "
                          + socket.getRemoteSocketAddress());
     }

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ