目次へ

解答例 - 実習課題1 - 15.テキスト・コンポーネント2

(実習課題1)

以下の特徴をもつ、簡易ブラウザーを作成しなさい。

  • ブラウザーに含まれるコンポーネントはURLを表示および指定するためのテキストフィールド。URLを指定してリターンすると、該当するページを表示する。
  • ページの表示にエラーが発生した場合は、ブラウザーにその旨を表示する事。
  • リンクをクリックしても反応しなくてよい。
  • (ヒント)テキストフィールドに対して「ActionListener」を設定する。

解答例

/**
 * SimpleBrowser.java
 * TECHSCORE Javaユーザインタフェース15章 実習課題1
 *
 * Copyright (c) 2004 Four-Dimensional Data, Inc.
 */

package com.techscore.ui.chapter15.exercise1;

import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.event.ActionEvent;
import java.awt.event.ActionListener;
import java.io.IOException;

import javax.swing.JEditorPane;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JScrollPane;
import javax.swing.JTextField;

public class SimpleBrowser extends JFrame implements ActionListener {

    private JEditorPane editor;
    private JTextField urlText;

    public SimpleBrowser() {
        super("SimpleBrowser");
        setDefaultCloseOperation(EXIT_ON_CLOSE);

        //JTextField
        urlText = new JTextField("http://");
        urlText.setPreferredSize(new Dimension(600, 20));
        urlText.addActionListener(this);
        getContentPane().add(urlText, BorderLayout.NORTH);

        //JEditorPane
        editor = new JEditorPane();
        editor.setEditable(false);
        JScrollPane scroll = new JScrollPane(editor);
        scroll.setPreferredSize(new Dimension(600, 400));
        getContentPane().add(scroll);

        pack();
    }

    public void actionPerformed(ActionEvent event) {
        try {
            editor.setPage(urlText.getText());

        } catch (IOException ex) {
            editor.setText("Error: " + ex.getMessage());
        }
    }

    public static void main(String[] args) {
        new SimpleBrowser().setVisible(true);
    }

}

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ