目次へ

6.4. フィルタの機能の拡張

J2EE1.4(Servlet2.4)より、フィルタをforward()やinclude()での呼び出しでも実行出来るようになりました。

web.xmlの<filter-mapping>タグの中で設定します。

<filter-mapping>
    <filter-name>...</filter-name>
    <url-pattern>....</url-pattern>
    
    <dispatcher>FORWARD</dispatcher>
    <dispatcher>INCLUDE</dispatcher>
    <dispatcher>REQUEST</dispatcher>
    <dispatcher>ERROR</dispatcher>
    
</filter-mapping>

「FORWARD」・・・Dispatcher.forward()でリクエストが転送される際のリクエストにフィルタを実行する。
「INCLUDE」・・・Dispatcherinclude()で呼び出すリクエストにフィルタを実行する。
「REQUEST」・・・通常のリクエストでアクセスされた際にフィルタを実行する。
「ERROR」・・・エラーページに遷移する際にフィルタを実行する。

<dispatcher>で指定しなかった場合は、REQUESTを指定したのと同じになります。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ