目次へ

9.2. emptyタグ/notEmptyタグ

emptyタグ/notEmptyタグは、特定のJava BeanまたはJava Beanのプロパティ値が

  • null
  • 空文字列
  • 要素数0のコレクション

であるかどうか判定するタグです。属性は以下の3つです。

属性名 必須 スクリプト
可能
説明

name

 

Java Beanをスコープから検索するためのキー。property属性が省略された場合には、この値で検索されたJava Beanが比較対象となります。

property

  比較対象となるJava Beanのプロパティ。
scope   Java Beanが存在するスコープを指定。指定しなかった場合は、全てのスコープから検索されます。

emptyタグはJava Beanまたはそのプロパティ値がnull/空文字列/要素数0のコレクションだった場合にボディ部を実行し、notEmptyタグはそうでなかった場合に実行します。以下のJava Beanを用いて、empty/notEmptyタグを試します。

public class SampleBean{
  ...
  public String getString(){ return(null); }
  public List getList(){ return(new LinkedList()); }
  public int getNumber(){ return(123); }
  ...
}
...
<jsp:useBean id="bean" class="SampleBean" />
<logic:empty name="bean" property="string"> string is null </logic:empty><br>
<logic:empty name="bean" property="list"> list is null </logic:empty><br>
<logic:notEmpty name="bean" property="number"> number is not null </logic:notEmpty>
...

いずれのタグにおいても条件は「真」となりますので、以下のように出力されます。

...
 string is null <br>
 list is null <br>
 number is not null <br>
...

empty/notEmptyタグもmath/notMatchタグと同じく、比較対象の値が存在する事を前提にしています。存在するかどうかの判定には、次に説明するpresent/notPresentタグを利用します。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ