目次へ

9.4. messagesPresentタグ/messagesNotPresentタグ

messagesPresentタグ/messagesNotPresentタグはrequestスコープにorg.apache.struts.action.ActionErrorsオブジェクト(<html:errors>で表示されるメッセージを格納)、または文字列/文字配列が格納されているかどうか調べるタグです。タグはデフォルトで、ActionErrorsオブジェクトを調べます。以下は主要属性の一覧です。

属性名 必須 スクリプト
可能
説明

name

  指定すると文字列・文字列配列を調べるようになります。指定した名前でrequestスコープに登録されているかどうかを調べます。
property   指定すると、それに関連付けられているActionErrorsオブジェクトのみを調査対象にします。<html:errors>のproperty属性に対応しています。

主に以下のように、<html:errors>タグと組み合わせて使用します。ActionErrorsが存在するときはエラーメッセージを、存在しないときは通常のメッセージを出力します。

...
<logic:messagesPresent><html:errors /></logic:messagesPresent>
<logic:messagesNotPresent>入力してください。</logic:messagesNotPresent>
...

(実習課題3)

実習課題2のアプリケーションを改良しなさい。

  • エラーがある場合とない場合とで、入力フォームに表示するメッセージを変えるようにしなさい。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ