目次へ

6.3. Tagインタフェースを利用したカスタムタグのライフサイクル

カスタムタグのライフサイクルの図

右図がカスタムタグのライフサイクルです。

カスタムタグは最初に表れた時にインスタンスを生成され、「setPageContext」「setParent」および属性用の「setXXX」メソッドが呼び出され、各プロパティ値が設定されます。

その後、「doStartTag」「ボディ部」「doEndTag」と順に、カスタムタグ内の処理が実行されます。「doEndTag」の終了後、「release」メソッドが呼び出され、全てのプロパティ値が開放されます。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ