目次へ

1.3. 簡単な例:Hello World!!

それでは、DOMを使ったプログラムを作ってみましょう。まずは、操作するXML文書を作成します。

 <?xml version="1.0" encoding="UTF-16" standalone="yes"?>
 <sample>Hello World ! !</sample>

要素を一つもつ、最も簡単なXML文書です。OS付属のエディタ(notepad、emacs ...)などで上記2行を記述し、"helloWorld.xml"という名前で保存します。このとき、文字コードに注意してください。このXML文書では「encoding="UTF-16"」、つまり「文字コードはUnicodeである」としています。保存するときも、Unicodeで保存してください。

このXML文書のsample要素の内容を取得して、コンソールに表示するプログラムを作成しようと思います。プログラムは以下のようになります。

     1  import java.io.*;
     2  import org.w3c.dom.Document;
     3  import org.w3c.dom.Node;
     4  import javax.xml.parsers.*;
     5
     6  public class SimpleDOMSample{
     7      
     8      public static void main(String args[]) throws Exception{
     9
    10          Document document= DocumentBuilderFactory
    11              .newInstance()
    12              .newDocumentBuilder()
    13              .parse(new File("helloWorld.xml"));
    14
    15
    16          Node node=document.getDocumentElement();
    17          Node childNode=node.getFirstChild();
    18              
    19          System.out.println(childNode);
    20      }
    21      
    22  }

10-14行目でXML文書を表す、Documentオブジェクトを取得しています。16行目で、ルート要素を取得しています。17行目でルート要素の内容、”Hello World!!”という文字列を取得し、最後にそれをコンソールに表示しています。詳しいクラスやメソッドに関しては、次章で説明します。

このプログラムをコンパイルし、helloWorld.xmlと同じディレクトリにおきます。最後に実行してみましょう。以下のように表示されれば成功です。

$java SimpleDOMSample
Hello World !!

(実習課題)

上のXMLファイルとプログラムを作成し、実行しなさい。XML文書の「Hello World !!」の部分を変更し、プログラムがXML文書より値を読み込んでいることを確かめなさい。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ