目次へ

2005.10.14 株式会社四次元データ 小野彩子

9.2 インストール

まずは、JAXBのインストールをしましょう。JAXBは、SUNが提供しているJava Web Services Developer Pack(以下、JWSDP)に含まれていますので、JWSDPをインストールします。ここでは、Linux版のインストール方法について、説明します。

  1. もしJava2 SDKがインストールされていなければ、インストールします。バージョン1.4.1以上のものをインストールしてください。
  2. JWSDPをダウンロードします。ここからダウンロードできます。執筆時(2004/4/20)の最新バージョンは1.3です。
  3. インストーラを起動します。その後はインストーラの指示に従ってください。
$/bin/sh jwsdp-1_3-unix.sh

consoleオプションを使用すれば、コマンドラインからインストールを行うことができます。

$/bin/sh jwsdp-1_3-unix.sh -console

次に、JAXBを使用するのに必要な設定を行います。

  1. PATHを設定します。インストールディレクトリを"JWSDP_HOME"とした場合、$JWSDP_HOME/jaxb/binディレクトリにPATHを設定します。
  2. クラスパスを設定します。インストールディレクトリを"JWSDP_HOME"とした場合、以下のjarファイルにクラスパスを設定してください。
$export CLASSPATH=$CLASSPATH:$JWSDP_HOME/jwsdp-shared/lib/jax-qname.jar:
     $JWSDP_HOME/jwsdp-shared/lib/namespace.jar:$JWSDP_HOME/jaxb-1.0/lib/jaxb-api.jar:
     $JWSDP_HOME/jaxb-1.0/lib/jaxb-libs.jar:$JWSDP_HOME/jaxb-1.0/lib/jaxb-ri.jar:
     $JWSDP_HOME/jaxb-1.0/lib/jaxb-xjc.jar:
     $JWSDP_HOME/jaxp-1.2.2/lib/endorsed/dom.jar:$JWSDP_HOME/jaxp-1.2.2/lib/endorsed/sax.jar:
     $JWSDP_HOME/jaxp-1.2.2/lib/endorsed/xalan.jar:$JWSDP_HOME/jaxp-1.2.2/lib/endorsed/xercesImpl.jar:
     $JWSDP_HOME/jaxp-1.2.2/lib/endorsed/xsltc.jar:$JWSDP_HOME/jaxp-1.2.2/lib//jaxp-api.jar

これで、インストールが完了です。

(実習課題1)

JAXBをインストールしなさい。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ