目次へ

2005.10.25 株式会社四次元データ 宮澤了祐

6.2. 時刻関連の書式指定子

引数にLong、Calender,Dateなどのオブジェクトを用いることで、時刻情報を使いやすい形に変換出来ます。 Long型の場合、1970年 1月 1日グリニッジ標準時 00:00:00.000 からの経過時間をミリ秒で示した値が入る必要があります。

以下は、時刻を変換する書式指定子のリストです。

書式指定子 説明
tH, TH 時間 (00 - 23) 0 が付加される
tI, TI 時間 (01 - 12) 0 が付加される
tk, Tk 時間 (0 - 23) 0 は付加されない
tl, Tl 時間 (1 - 12) 0 は付加されない
tM, TM 分 (00 - 59) 0 が付加される
tS, TS 秒 (00 - 60) 0 が付加される
tL, TL ミリ秒 (000 - 999) 0 が付加される
tN, TN ナノ秒 (000000000 - 999999999) 0 が付加される
tp, Tp 午前・午後の表記 ロケールに依存する。日本では 午前/午後
tP, TP 午前・午後の表記  ロケールに依存する 日本では 午前/午後
tz, Tz GMT からのタイムゾーンのオフセット 日本なら +0900
tZ, TZ タイムゾーンを省略形で示したもの 日本なら JST
ts, Ts 1970/1/1 00:00:00 UTC からの秒
tQ, TQ 1970/1/1 00:00:00 UTC からのミリ秒
tB, TB 月の表示 ロケールに依存。日本では "1月"
tb, Tb 月表示の省略形 ロケールに依存。日本では "1" のように数字だけ
th, TH tb と同じ
tA, TA 曜日の表示。ロケールに依存。日本では "月曜日"
ta, Ta 曜日の省略形。ロケールに依存。日本では "月"
tC, TC 年を上 2 桁で表したもの (00 - 99) 0 が付加される
tY, TY 年を 4 桁で表したもの。0 が付加される
ty, Ty 年を下 2 桁で表したもの (00 - 99) 0 が付加される
tj, Tj 1 月 1 日からの経過日 (グレゴリオ暦であれば 001 - 366) 0 が付加される
tm, Tm 月を 2 桁の数字で表したもの (01 - 13) 0 が付加される。13は太陰暦を使用する場合に使用。
td, Td 日付を 2 桁の数字で表したもの (01 - 31) 0 が付加される
te, Te 日付 (1 - 31)0が付加されない。
tR, TR %tH:%tM と同じ
tT, TT %tH:%tM:%tS と同じ
tr, Tr %tH:%tM:%tS %tP と同じ
tD, TD %tm/%td/%ty と同じ
tF, TF %tY-%tm-%td と同じ
tc, Tc %ta %tb %td %tT %tZ %tY と同じ

以下のように使用します。

Date date = new Date();
System.out.printf("%tY年%<tB%<te日(%<ta)%<tp%<tl時%<tM分",date);

2005年6月29日(水)午後10時02分
 

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ