目次へ

12.3. イメージの描画

「JLabel」クラスなどでは、簡単にイメージを貼り付ける事ができました。では任意の場所にイメージを描画するにはどのようにすればよいでしょうか?「Graphics」クラスの「drawImage」メソッドを使用します。このメソッドは引数として画像を示す「Image」オブジェクト、および画像の情報を管理する「ImageObserver」オブジェクトが必要です。後者は画像を描画するコンポーネントのオブジェクトを指定すればよいです。残りの「Image」オブジェクトの取得には色々な方法がありますが、「javax.swing.ImageIcon」クラスの「getImage」メソッドを使用するのが簡単でしょう。プログラムは以下のような感じになります。

ImageIcon icon=new ImageIcon("4dd.gif");
g.drawImage(icon.getImage(),0,0,this);
「getImage」イメージ

「Image」オブジェクトの取得には、他にも「java.awt.Toolkit」や「java.awt.MediaTracker」クラスを利用する方法もあるが、この方法が最も簡単です。

(実習課題3)

以下のプログラムを作成しなさい。

  • ウィンドウに含まれるコンポーネントはパネルのみ。
  • パネルには最初何も表示されないが、マウスのボタンを押すとその位置にイメージを表示する事。
  • マウスをドラッグしていくと、イメージはマウスに合わせて移動するようにする事。
  • ボタンを離すとイメージは消える事。
  • (ヒント)「MouseMotionListener」を利用する。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ