目次へ

13.2. JTreeの生成

「JTree」は、配列や「Vector」「Hashtable」を用いても作成することができます。

String pacific[]={"hawks","lions","fighters","blue wave","marines","buffaloes"};
String central[]={"giants","dragons","bay stars","swallows","carp","tigers"};
Hashtable root=new Hashtable();
root.put("central",central);
root.put("pacific",pacific);
JTree tree=new JTree(root);

配列や「Vector」の場合は、順番どおりに子供が現れます。「Hashtable」の場合は、どのような順番になるかわかりません。また子供がノードの場合(配列や「Vector」「Hashtable」)、配列や「Vector」では各オブジェクトの「toString」の返り値が、「Hashtable」ではキーの値が表示されます。「Hashtable」で子供がリーフの場合もキーの値が表示されます。

「JTree」イメージ2

「DefaultMutableTreeNode」を使用した場合と異なり、ルートのノードが表示されません。「JTree」の「setRootVisible」メソッドによってルートの不可視を設定する事ができます。

(実習課題1)

以下のプログラムを作成しなさい。

  • ウィンドウに含まれるコンポーネントはツリーコンポーネントのみ。
  • ツリーコンポーネントは配列または「Vector」「Hashtable」を使用して作成する事。
  • ツリーの深さは3以上にすること。データ内容は任意。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ