目次へ

15.3. javax.swing.JTextPane

「JTextPane」は「JEditorPane」を拡張したクラスで、HTMLやRTFに限らず様々な種類のコンテンツを表示する機能を提供します。ただしどのように表示するかは実装する必要があります。

「JTextPane」の特徴の1つはコンポーネントやアイコンの埋め込みです。キャレットのあるところ、または選択されているテキストにかえて、テキストコンポーネントやアイコンを埋め込む事ができます。

JTextPane textPane=new JTextPane();
textPane.insertComponent(new JButton("button"));
「JTextPane」イメージ

(実習課題3)

以下の簡易エディターを作成しなさい。

  • ウィンドウに含まれるコンポーネントは「JTextPane」から作成されるテキストエリア。
  • 「insert」メニューが選択されると、追加するコンポーネントまたはアイコンを選択するダイアログが表示される。コンポーネントは任意。
  • ダイアログで選択すると、現在のキャレットまたは選択領域にコンポーネントまたはアイコンを挿入する。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ