目次へ

7.3. JToolBar

「JToolBar」はその名前の通り、ツールバーの機能を提供するコンポーネントです。マウスドラッグによってウィンドウからツールバーを切り離したり、任意の位置に置いたりする事が可能です。切り離しができないようにする事も可能です。

インスタンスの作成、およびコンポーネントの追加方法は以下の通りです。

JToolBar toolBar=new JToolBar();
toolBar.add(new JButton("label"));

「addSeparator」メソッドによって、配置するコンポーネント間に隙間を設けることも可能です。

下図は7.2のサンプルウィンドウに「JToolBar」を付け加えた例です。中央に「JTabbedPane」、上部に「JToolBar」を配置しています。

7.2のサンプルウィンドウに「JToolBar」を付け加えた例

(実習課題3)

実習課題2のプログラムに「JToolBar」を追加しなさい。

  • 「JToolBar」に追加されるコンポーネントはボタン3つ。それぞれ「JTabbedPane」のタブ3つに対応する。
  • ボタンのテキストとタブの名前は同じにする事。
  • ボタンが押されると、該当するタブが前面に表示されるようにする事。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ