目次へ

8.3. javax.swing.JSlider

「JSlider」は下図のようなスライダーを提供するコンポーネントです。

「JSlider」イメージ

インスタンスの作成は以下のようにします。

JSlider slider=new JSlider(SwingConstants.HORIZONTAL,0,100,50);

1番目の引数で水平方向のスライダーを作成するか垂直方向のものを作成するか指定します。2番目で最小値、3番目で最大値、4番目で初期値を指定します。

目盛りを表示するには「setPaintTicks」メソッドを使用します。目盛りの表示間隔を変えるには「setMajorTickSpacing」「setMinorTickSpacing」メソッドを使用します。

(実習課題4)

以下のプログラムを作成しなさい。

  • ウィンドウに含まれるコンポーネントはスライダーとラベル。
  • ラベルにはスライダーの現在値が表示されるようにする事。
  • スライダーを動かすと、ラベルの値もそれに合わせて変化するようにする事。
  • ラベルには目盛りを表示する事。
  • (ヒント)「ChangeListener」を利用する。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ