目次へ

13. ポインタ

13.1 メモリとアドレス

ポインタの話にはいる前に、まずはGoのメモリとアドレスについてお話しします。
メモリには変数を入れる領域が確保され、メモリの領域にアドレスが割り振られています。

Goではアドレス演算子 “&” を利用し、変数のアドレスを確認することが出来ます。
※例のアドレスは固定値ではなく、実行する環境やタイミングによって値が変わります。

var a int
a = 1
var b int
b = 2
var c int
c = 3

fmt.Println(a)   //"1"が出力される
fmt.Println(b)   //"2"が出力される
fmt.Println(c)   //"3"が出力される
fmt.Println(&a)  //"0x1040e0f8"が出力される
fmt.Println(&b)  //"0x1040e0fc"が出力される
fmt.Println(&c)  //"0x1040e130"が出力される

このとき、アドレスと値は次の図のような状態です。

fig1303

13.2 アドレスとポインタ

Goにはアドレスを格納できる「ポインタ」があります。
また、アドレス演算子 “&” を利用し、アドレスが示す値を参照できます。

先ほどのコードにポインタの変数dを追加で定義します。

var a int
a = 1
var b int
b = 2
var c int
c = 3

// 型の前に ”*” をつけるとポインタとなります。
var d *int
// ポインタのint型の変数dに、aのアドレスを代入します
d = &a

fmt.Println(a)   //"1"が出力される
fmt.Println(b)   //"2"が出力される
fmt.Println(c)   //"3"が出力される
fmt.Println(&a)  //"0x1040e0f8"が出力される
fmt.Println(&b)  //"0x1040e0fc"が出力される
fmt.Println(&c)  //"0x1040e130"が出力される

fmt.Println(d)   //"0x1040e0f8"が出力される
fmt.Println(&d)  //"0x1040a120"が出力される
fmt.Println(*d)  //"1"が出力される

このとき、メモリとアドレスと値は次の図のような状態になります。

fig1303

fmt.Println(d)

aのアドレスである"0x1040e0f8"が出力されます。
dの値 には aのアドレス が格納されています。

fmt.Println(&d)

dのアドレスである"0x1040a120"が出力されます。
d自身のアドレスです。

fmt.Println(*d)

aの値である"1"が出力されます。
“*” を使用することで、dに格納されたアドレスからaの値を参照しています。

fig1303

このとき、aの値が変わると*dの値も変わります。

var a int
a = 1
var b int
b = 2
var c int
c = 3

// 型の前に ”*” をつけるとポインタとなります。
var d *int
// ポインタのint型の変数dに、aのアドレスを代入します
d = &a

fmt.Println(a)   //"1"が出力される
fmt.Println(b)   //"2"が出力される
fmt.Println(c)   //"3"が出力される
fmt.Println(&a)  //"0x1040e0f8"が出力される
fmt.Println(&b)  //"0x1040e0fc"が出力される
fmt.Println(&c)  //"0x1040e130"が出力される

fmt.Println(d)   //"0x1040e0f8"が出力される
fmt.Println(&d)  //"0x1040a120"が出力される
fmt.Println(*d)  //"1"が出力される

a += 1           //aの値に"1"を加える

fmt.Println(a)   //"2"が出力される
fmt.Println(*d)  //aの値が"2"になったので"2"が出力される

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ