目次へ

3. パッケージ

Go言語でのパッケージについて紹介します。

3.1 パッケージのインポート

Go言語でパッケージを使うときには、

import "fmt"

のようにパッケージを指定します。
復数の場合、

import "fmt"
import "strings"

のように並べて記述するもしくは、

import (
    "fmt"
    "strings"
)

のように記述することができます。

パッケージのインストールは go get [パッケージのリポジトリ] で行います。

go get github.com/BurntSushi/toml

インストールしたパッケージは以下のようにインポートします。

import "github.com/BurntSushi/toml"

上記の他にもいくつかのインポート方法があるので見てみましょう。

1) import

通常のインポートです。

import "github.com/BurntSushi/toml"

パッケージの関数は、以下のように使います。

// パッケージ名.関数名()
toml.DecodeFile(略)

2) alias import

インポートするパッケージのエイリアスを設定します。

import t "github.com/BurntSushi/toml"

パッケージの関数は、以下のように使います。

// パッケージのエイリアス名.関数名()
t.DecodeFile(略)

3) dot import

インポートするパッケージをドット(.)にします。

import . "github.com/BurntSushi/toml"

パッケージの関数は、以下のように使います。
dot importしたパッケージの関数は、パッケージ名を初略して使うことができます。

// 関数名() ※ パッケージ名は省略します。
DecodeFile(略)

4) blank import

インポートするパッケージをアンダースコア(_)にします。

import _ "github.com/BurntSushi/toml"

blank importの場合、パッケージのinitialize(init()) のみ実行されます。

3.2 パッケージ探索

importで指定したパッケージパスを元に以下の順番でパッケージの有無を探索していきます。

  • vendor tree : パッケージ直下のvendorディレクトリ
  • $GOROOT : goインストールディレクトリ
  • $GOPATH : $GOPATHディレクトリ

vendorについては、以下のリンクを御覧ください。
Go 1.5 Vendor Experiment

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ